甥っ子と料理をする休日

未分類

今日の天気はくもり。
最高気温は26℃と、夏にしてはあまり暑くなかった。

今日は休日だったので、甥っ子と料理を作った。
メニューは白ご飯、ハンバーグ、ボイル野菜、手作りのアイスクリーム。

まずはアイスクリーム作りに取り掛かった。
ネットを見ればレシピはいろいろあるが、選んだのはなるたけシンプルなもの。
おおざっぱな手順はこうだ。

1.卵黄・砂糖・牛乳を入れたものを鍋で弱火で加熱し、冷ます。
2.次に生クリームを空気をたっぷり混ぜ込むようにホイップする。
3.1と2で作ったものをバットに入れて、定期的に混ぜながら冷凍

1の手順は鍋で温めるだけなせいか甥っ子はあまり興味を示さなかったが、2はかなり楽しそうにやっていた。
また、ボウルに残ったクリームをスプーンで残らずすくい取って食べていた。
これが今流行りのSDGsというやつなのだろうか……そういうことにしておこう。

また、ハンバーグでもまた「合いびき肉、玉ねぎ、牛乳、塩コショウ、にんにく、小麦粉を混ぜてこねて焼くだけ」というシンプルなレシピを選んだが、これも甥っ子は楽しそうにやっていた。
男の子にはやはり動きのある作業の方が良いようだ。

ちなみに、白ご飯は甥っ子に教えながら炊かせたし、ボイル野菜は冷凍野菜をボイルして作った。
できるだけ難易度を落としながらも初歩的な料理の手順を教えるという目論見だったが、それはおそらくうまくいった。
料理としてもまあまあのものができたし、まあ万々歳。
……アイスはものすごく固かったけれど。
鉄のスプーンが通らないくらいカッチコッチになってたから、次からは粉物を使うレシピにするか、少なくとも牛乳の量を減らした方がいいかもしれない。

それと……甥っ子の母親と、ウチの母親はどうやら江島神社まで行っていたようだ。
たまにはこういう気晴らしも必要なのかもしれないが、晴れていたら確実に猛暑だったよなコレ……暑い時期によく行くわ。
まあ30℃になったら涼しいとか何なら寒いとか言い出すレベルの人たちだけど。

一方、甥っ子は食後はちゃんと自発的に勉強をしていた。
とってもえらい!
今の子の勉強の内容は自分たちのそれとは結構違っているらしく、何度も何度も漢字を書かせる、大量の計算問題を解かせるなどわりとスパルタ教育な印象を受けた。
甥っ子の学校は公立とはいえ、それが全国のスタンダードなのかは分からないけど……
今の子供たちへの指導は厳しくなっているのだろうか?
頑張ったなら頑張っただけ明るい将来があると良いのだが。